概要

[幹事長挨拶]


<<九大フィルのホームページへようこそ。>>

私たち九大フィルハーモニー・オーケストラは、九州大学と福岡市近郊の大学の学生で構成されており、 日本でも有数の永い歴史と伝統を持つアマチュアオーケストラです。 1909年九州大学の前身である福岡医科大学の榊保三郎氏によって創立され、 2009年には九州大学に先立って創立100周年を迎えました。

現在、約100名の現役部員が所属しており、年2回開催される定期演奏会に向けて日々練習に励んでいます。
定期演奏会の他にも自由にメンバーを組んでアンサンブルを披露する部内発表会を行ったり、 大学祭では音楽喫茶を出店したりし、沢山のお客様に生の演奏を楽しんで頂いております。
また、小学校や企業等の外部の団体様からの依頼による演奏なども行っており、 大学以外の様々な場所においても幅広く音楽活動を展開しております。

2015年12月20日には第195回定期演奏会を開催致します。 アクロス福岡シンフォニーホール(開場13:00・開演14:00)にて演奏致します。
曲目は、ベルリオーズ/幻想交響曲、リスト/交響詩「前奏曲」、 ベートーヴェン/「エグモント」序曲という大変意欲的なプログラムとなっております。 お時間のある方は是非お越しください。 たくさんの方のご来場を部員一同、心よりお待ち申し上げております。

これからもより一層努力を重ね、福岡、九州、そして日本の音楽文化発展のために貢献できるような団体を目指して参ります。 今後とも、地域の皆様のご協力宜しくお願いいたします。 また、これから大学生としての生活を始められる皆様におきましては是非当団体へ入団いただき、共に音楽をつくっていきましょう。

2015年  7月     九大フィル幹事長  平田 凌介





[沿革]

    




[書籍]

光芒の序曲(著:半沢 周三)

九大フィルの歴史が詳しく綴られています。

第九「初めて」物語(著:横田 庄一郎)

ベートーヴェン交響曲第九番の日本初演について、九大フィルに関する記述があります。


〜依頼演奏について〜

 九大フィルでは外部の方々からの演奏依頼を受け、毎年様々なところで演奏を行っております。例えば九州大学の入学式及び卒業式ではフルオーケストラ(全体合奏)による演奏で、式典に華を添えさせて頂いております。
 また、毎年1回県内の幼稚園に出向き、団員による演奏付きの劇を披露しております。その他小学校や中学校で演奏したりしております。 学校だけでなく、福岡市や民間企業の式典やパーティーなど様々な場面で演奏させて頂いています。
 依頼演奏の目的としては
・団員の技術面・精神面の向上
・地域の方々との密接な社会的繋がりをもつこと
・子供達に少しでも音楽に触れてもらい、団員と児童・学生の双方向で人間的に成長し合うこと
などを挙げております。
九大フィルはこのような依頼演奏を今後も積極的におこなっていきたいと考えています。
依頼演奏についてご質問がある方はこちらまでお願いします。







当ページはリンクフリーです。
ホームページに関するお問い合わせ等は
こちらまでお願いします。
English version now under construction...